特効薬?! 0円で産後の免疫力UPにつながる〇〇とは?

      2018/04/02

産後ママさんたちは体調を崩しやすいってよく耳にしませんか?
なぜ、体調を崩しやすいのでしょうか。
免疫力が低下すると様々なトラブルにつながります。

免疫力はなぜ低下する?

免疫というのは風邪などのウイルスから守ってくれる体の中の兵隊です。

理由①:身体が赤ちゃんを異物とみなさないようにするため
ママさんの多くの方がご存じだと思いますが、妊娠中から免疫力は低下します。免疫力があると赤ちゃんを異物(染色体や遺伝子の半分は父親のものなので)とみなし、流産・早産の引き金になるからです。

じゃあ、赤ちゃんを産んだあとは、妊娠前のように戻るんじゃ、
と思いますが産後も低下したままです。

理由②:出産・育児による負担がかかるため
産後は、出産自体の体力の消耗、それに続く慣れない育児(ストレスの蓄積)、母乳育児(母乳生成のためにエネルギー消耗が多い、薬の内服が出来ない)、慢性的な睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、からと考えられています。

免疫力低下はいつまで?

約2年間。
なぜ2年間かというと、母乳離れがそのくらいの目安だからです。
他にも子どもの成長とともに睡眠不足が解消されたりと、
原因が改善されていくんですね。

免疫力低下を甘くみていたら

私も妊娠中は、
「絶対風邪ひけない。引いたら大変なことになる。流産したらどうしよう」
とビクビクして過ごしていました。

どこに行くときもマスク着用、外出後は手洗い・うがい。
おかげで風邪など引かずにすみました。

が、問題は産後。
そう、産んでしまうと気が緩むんですね。
だって赤ちゃんはもう外に出てきて隣でニコニコしてるんですから。

「風邪引いてもきついのは自分だけ。
赤ちゃんには免疫(母乳からの)があるからかからないし。」

と甘く考えマスクの着用がおろそかに。
するとどうでしょう、見事にたやすく風邪を引く。

もう大変です!
一家の中心のママがダウンすると、家がしっちゃかめっちゃか!

今年はインフルに罹りえらい目にあいました。
しかも家族全員で罹ってしまって約7日間辛かったです。
パパに手伝ってもらおうにもきつがって寝込んで動かないし、
結局私がふらふらになりながらも子どものお世話をしました。
解熱した後も溜まった洗濯物、ゴミ捨て、掃除と大変でした。

免疫力UPってどうするの?

調べると、バランスのとれた食事を摂ろう・睡眠不足の解消を・ストレス解消しよう、などなど書いてありますが、育児している最中はバランスのとれた食事はともかくストレス解消しようというのは無理な話です。
次から次からストレスはやってくるので。

私も以前、免疫力アップのメニューなど調べたことがあります。
調べている最中メニューよりも一番印象に残ったものがありました。

それは『笑顔でいること』。

ん?笑顔?

笑顔が特効薬?!

『笑う門には福来る』
といいますが免疫力に効果があるなんて、笑顔って万能ですね。

笑うと自律神経が刺激され血流が良くなって体調が整う、体の中で戦う兵隊そのものの数を増やすことにつながるといわれています。

他にも幸福感の増加やプラス思考に気持ちが変化することもいわれています。
作り笑顔であっても“笑顔の効果”は同じです。

そうそう、笑顔の人を見た周りの人たちもストレス解消になって、
幸福感が増すんですって!

このことを知った時は感心しました。
人間の体は良くできていますね。

私も即、実践。
自律神経が刺激される、兵隊が増えるのは見えないのでわかりませんでしたが、プラス思考になるのは確かでした。
なんだか楽しい気分になってきます。

あと、子どもたちが楽しそう。ニコニコしているママは好きだそうです。
うん、笑顔の効果で一番嬉しかったのはそれでした。

まとめ

育児中体調を崩すと本当に辛くて大変ですよね。
免疫力UPのためにママさんたちはいろいろとトライされていると思いますが、
みんな平等に出来る『笑顔』をフル活用してみてはどうでしょうか。
笑顔でいると自分だけじゃなく家族もハッピーで過ごせますよ。

 - 健康, 妊娠出産 , ,