肥満絶対回避!!専業主婦の私が運動不足を解消するためにした3つの方法

   

私が専業主婦になって早2年。
毎日家事、育児にあけくれています。

ある日ふと旦那に言われた一言。

「あれ、丸くなった?」

…ガーン!!!
思えば家庭に入ってから家事育児以外ろくに運動もしてこなかった、、。

ええ、体重はばっちり増え、
以前は届いた指先が床に届かなくなってました。

 

運動って、ダイエット以外の目的でも、
ストレス発散になったり、健康になれたり、
いいことづくめですね。

でも、
「小さい子供がいたらジムなんか行けないし・・・。」
なんて方も多いですよね。

そこで、今回は専業主婦の私が実際にやっている、
ジムを利用しなくてもお家で簡単にできちゃう運動方法をご紹介します。

便利なものは運動不足の原因に!

フローリングワイパーを愛用していた私。
立ったまま床に雑巾がけができるなんて、
なんて素晴らしい道具でしょう。

でも、この便利さが運動不足を招きました。

そこで私は、泣く泣くクイックルワイパーを封印し、
雑巾を使うことにしました。

そんなに広いわけでもない我が家のリビングを雑巾がけするだけでも、
息ハアハア足プルプルです。


他にも、車だったところを自転車、
自転車だったところを徒歩にするだけで、
運動不足は簡単に解消できますよ。

マンションにお住いの方は、エレベーターを使わず、
階段を使うのもいいですね。

日常に小さなエクサイズを

物を拾うとき、ついつい腰を曲げるだけで、
楽してしまいがちですよね。

私の場合、ひどいときには、足の指で物をつまみあげてました(笑)

これではいかんと思い、
物を拾うときにはきちんとしゃがんで拾うようにしています。

我が家は子供がよく床におもちゃなどを散らかすので、
たったこれだけなのに、一日やると結構疲れますよ。

他にも、歯磨きするときにはつま先立ちしたり、
椅子に座っているときに姿勢をよくし、
足を床から少し浮かすなどちょこちょこエクササイズをするようにしています。

時間をわざわざ作らなくても、
「ながら」で小さな運動を取り入れると継続しやすいですし、
小さいお子さんがいるママには特におすすめです。

子供に運動不足解消のお手伝いをしてもらう

せっかくかわいいわが子がいるんだから、
とお子さんに運動のお手伝いをしてもらうのもおススメです。

私がやっているのは、

・抱っこしながらスクワット
・腹筋いないいないばあ

抱っこをせがんできたときがチャンスです。
スクワットをしましょう。

スクワットの動きって不思議なことに、
子供を寝かしつけるのにもってこいの動きですよね。
足腰鍛えられるだけでなく、寝かしつけもできちゃえば、一石二鳥です。

腹筋いないいないばあは、
子供に足の甲の上に座ってもらって
「いないいないばあ!」
の掛け声とともに腹筋をするだけです。

ただやるだけでも大変なのに、
いないいないばあ!
と子供を笑わすために明るい声で言うのは、
本当にしんどいです。

でも、子供は私の必死の形相がよっぽど面白いのか、
爆笑してくれます。
そしてもう一度やれと催促してきます。

きっとあなたもお子さんの可愛い笑顔のために、自然と回数が伸びる…はず。

まとめ

いつまでも綺麗で健康な奥さん、ママでいたいですよね。

  • 便利なものに頼りすぎない
  • 「ながら」運動をしてみる
  • 子供にも手伝ってもらう

このように、自分の時間を作るのがなかなか難しい方でも、
日常にちょっとした工夫をするだけで簡単に運動できちゃいますよ。
ぜひ試してみてくださいね。

 - 健康 , , , ,