気楽な育児アルバム作り。あなたはどっち派?成長記録を残したいママへ

   

育児記録を残したいと思っているのに、
忙しくてなかなか写真整理が出来ないでいませんか?

子供が生まれると写真を撮る機会が増えますよね。
出産から今まで、一体何枚の写真を撮ったんだろう?

 

スマホに溜まったままの写真、
現像したままの写真、
友達からもらった写真などなど、
整理出来ずに残っていませんか?


整理したい、でもその作業を思うと、
なかなか重い腰が上がらないですよね。
「また今度でいっか、急いでないし」
なんて思ってしまうその気持ち、分かります。

 

では、なぜ整理出来ないんでしょう?

  • 忙しくて手が回らない
  • アルバムにするのが面倒
  • 整理に時間がかかりそう
  • たくさんの写真から選ぶのが大変
  • 1人で作業するのはつまらない

こんなところではないでしょうか。
ママさんは皆忙しいですからね。


それなら、自分に合った方法で気楽に整理できる方法があればどうでしょう。
育児記録を残してみようと思えるのではないでしょうか?

育児アルバムはいちいち作らない!データ管理派

アルバムを作るのが面倒なら、
いっそのこと作らないという手もアリですよね。
パソコンで管理してしまえばいいんです。

SDカードに落として、
デジタルフォトアルバムで楽しむ方法はいかがでしょう?

【データ管理のメリット】

  • 写真がかさばらない、場所をとらない
  • データ化することで一目で写真を探せる
  • 写真の劣化がない

私は断然、このデータ派タイプです。
子供が幼稚園のときまでは何とかアルバムを作っていましたが、
写真を現像・アルバムに貼る!
という作業の繰り返しに
「あー、もう面倒」
と最終的にはなってしまいました。笑

この作業が億劫でやっぱり私には向かず、
子供が小学校に入ってからは写真が溜まる一方でした。
なので、写真はデータで管理することにしたんです。

あるとき、息子が通っていた小学校から
「赤ちゃんの頃の写真をもってきて下さい」
という指示が出たことがありました。

でも、たくさんある写真の中から目的のものを探すのって大変ですよね。

私はデータで整理して保存していたおかげで、
息子の赤ちゃん時代の写真を探す手間が省けました。
その写真だけプリントアウトすればいいし、
データ管理はやっぱり便利です。

 

そうそう、デジタルフォトアルバムに写真を入れたら、
常にリビングに置いておくのがおススメです。

そうすると、両親が来た時や友達が来た時など結構盛り上がって楽しいですよ。
我が家ではよくランダム表示にしているのですが過去現在と色々画面が移り変わるので、
「この誕生日のお祝いの時こんなことがあったね~」とか
「友達の○○ちゃんも懐かしいね今どうしてるんだろう?」とか常にリビングにある事で意外と盛り上がって会話が弾むんです。みんなで楽しく思い出を共有出来てますよ。
ただ良い事ばかりではなくデメリットもあります。

【デジタルフォトのデメリット】

  • 液晶表示の為電気代がかかる
  • 祖父母へのプレゼントに向かない

我が家では80過ぎのおばあちゃんにプレゼントしてみたことがありました。

でも、「電気を抜いたり差したりが面倒だ」
とほとんど使ってもらえませんでした。

「電源抜かなくてもいいのに」と言うと、
「電気代かかるじゃない!もったいないやろ」
と怒られてしまいました。笑

 

年配の方へは、
やっぱりデジタルフォトではなく手作りすることをお勧めします。
手作りって気持ちが伝わるのか、
デジタルより喜んでもらえるんですよね。

データで渡して失敗した私は、
今はおばあちゃんに手作りアルバムを渡しています。

昔ながらの貼り付けタイプの手作りアルバムを作ったのですが、
やっぱりおじいちゃん、おばあちゃんがとても喜んでくれました。

「手に取って見れるのが良いね」
って言ってとても喜んでくれましたよ。
喜んでもらえると時間をかけて作ったかいがあったな~って思いました。

そんなわけで、デジタルフォトはプレゼント用だと人を選びますが、
自宅用としてはお手軽でとっても便利です。

育児アルバムはやっぱり手作り派

データで管理なんて苦手だ!出来ないよ!
って思っている人も多いと思います。

私の友達にも完全アナログ派の人がいます。
そんなパソコンが苦手な友達にとっては、
やっぱり手作りでアルバム作成するのが楽しいみたいです。

【手作りのメリット】

  • 1枚1枚選ぶ事で一番思い出深いものを選ぶ事が出来る
  • 創造性が磨かれる
  • 友達や子供と作業することでコミュニケーションが生まれる

① ファイルするだけ

無印や100均で売っているポケット型のファイルに、
ただ写真を入れていくだけの方法です。

従来の台紙に張り付けるのとは違い、面倒が少し減ります。

見開きにして、ポケットにその時の感想などを書いて入れておけば、
どんなことがあったか一目でわかりますよね。

現像さえしてしまえば、
あとは時間のある時にただファイルに写真を入れていくだけですから、
とても簡単ですよね。
これならズボラな私でも手作り出来そうな気がします。

 

② スクラップブッキング

ちょっとおしゃれにアルバムを作りたいな~ってママにオススメなのが、
スクラップブッキングです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、
スクラップブッキングとは、
写真を綺麗に残すことを目的としたクラフトアートです。
とても可愛いのでプレゼントにも最適です。

実際私も、お友達からスクラップブッキングのメッセージカードをもらったことがあります。
めっちゃ可愛くて、あのときは嬉しくてテンション上がりましたね~。


その友達は子供と一緒に作ったそうです。
子供と、
「ここに写真貼って、こっちにハートのデコレーションしようよ」
とかワイワイ言いながら楽しく作ったみたいです。
子供も工作気分で楽しく取り組めるし、
かわいい手作りアルバムができちゃうしで一石二鳥ですよね。


材料も全部100均でそろうので、
低価格で可愛いアルバムが完成しますよ。

作り方はこちら↓


1人で作るのが不安な人は、
最近はスクラップブッキング作りを教えてくれる講座などもあるので、
通ってみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

  • きちんとしたアルバムを作ろうと意気込まなくても大丈夫
  • プレゼント用なのか自宅用なのか、用途に合わせたアルバム作りを
  • 自分のタイプに合ったアルバム作りを楽しむ

アルバムと言っても、今は色々な方法があります。
是非自分にあったアルバム作りをして、子供の成長を楽しんで下さい。

デジタルでも手作りでも、
どちらを選んでも育児記録はちゃんと残るので、
いつでも家族で思い出話が出来ますよ。

子供が小さくて大変なうちは無理をせず、
少し落ち着いてからでも大丈夫ですよ。
ゆっくり子供の成長を振り返ってくださいね。

 - 子育て・育児, 生活 ,