共働きのお小遣い割合どうしてる?絶対喧嘩にならない我が家の〇〇制

      2018/04/11

我が家は結婚して五年目。子どもも少し大きくなってきたので、私も働き始め、毎日が仕事と家事と育児でてんてこ舞いの毎日を過ごしています。そんな私たち夫婦が毎年のように大揉めするのが、お小遣い問題。

「今年はお小遣いを上げてくれ!」

「なんでよ!私だって、お小遣いもっと欲しいのに」

毎年繰り返されるこの会話にもうんざり。

 

何とか解決できないかしら・・・悩みに悩んで、やっと見つけたこの方法!去年の春からやってきて、ただいま絶賛実施中のこの方法、こっそり教えちゃいます!

どうして、お小遣い問題は起こるのか?

我が家は、夫が私の3倍の給料をもらっています。なので、夫は俺のが頑張って稼いでいるんだから、たくさん欲しい!というのです。でも、私は家事も育児もほとんどは私がやっているので、私もたくさん欲しい!と思うのです。

 

つまり、お小遣いの額を決めるのに、給料をみるか、仕事量でみるかというところなんですよね。

 

我が家は二人のお小遣いを二人で6万円と予算を決めています。

 

給料で見る場合
夫が私の3倍の給料をもらっているので、

夫:私=3:1=45,000円:15,000円となります。

 

仕事量で行くと、会社での仕事はお互い別の職種で測れないので、家の中での、家事と育児で考えた場合
夫 ゴミ出し、子どもをお風呂に入れる、食器洗い

私 買い物、掃除、洗濯干す、洗濯物畳む、朝食事作り、夕食づくり、寝かしつけ、宿題をみる、犬の世話

となるので 夫:私=3:9=15,000円:45,000円となります。

 

給料で見るか、家事・育児量でみるか、これはお互いにとって譲れないところになるわけです。

 

この方法でお小遣い問題を解決!

簡単に言うと、家事と育児を、課金制にしたんです。

まず、

 

お互いに基本お小遣い、15,000円

 

毎日の洗濯、食事作り、掃除をやったら、200円。

犬の世話、子どもとお風呂、ゴミ捨て、宿題をやったら、100円

 

と言ったら、夫が「君はいつもやっているから簡単だろうけど・・・」とぶつぶつ。

 

それならば・・・夫だけ課金制。私は、家事をやってもらったら、それだけ楽になって自分の時間が持てるようになるから、それでいいよ。

 

と、いうことで交渉成立。

実際にやってみて・・・

それまで、仕事から帰ってきて大急ぎで夕食を作る私の後ろで、ソファに寝そべってTVを見ていた夫が、その時間に洗濯物を畳んで、子どもの宿題を見てくれるようになったんです。たとえやっていない日があっても、夫のお小遣いが減ってると思うと、ニヤニヤしちゃう意地悪な私。

私はお小遣いが増えたりしないのだけど、それまで一息つく間もないような毎日だったのが、コーヒーを飲める時間ができたり、余裕ができた分だけ夫にあたることが減った気がします。夫も今までは、やらされてるように感じていたようですが、今は積極的に、家事をやってくれます。一つのやり方を変えるだけで、こんなに毎日が変化するなんて!!我が家にとって、良い方法です。

 - 人間関係 , , , ,