生理痛の原因はナプキンにあり!?噂の布ナプキンを試してみました♪

      2018/05/17

皆さんは生理の時、どんなナプキンを使ってますか?

 

多くの方は市販の紙ナプキンを使ってると思います。

最近の物は香り付きだったり、色柄が可愛いかったり…色んな種類があって選ぶのも楽しいですよね♪

 

私も長年紙ナプキンを使用してきましたが、最近になって布ナプキンの存在を知りました。

「布!?いやいや、絶対漏れるでしょ!!」と驚いたものの、どうやら生理痛が軽くなるとの噂が…!!

 

私は生理痛が重い方なので、「これで良くなるのなら!」と試してみる事にしました♪

紙ナプキンと布ナプキンの違いって?

一番大きな違いは見ての通り、「紙(ケミカル)」と「布」という素材の違いですね。

 

紙(ケミカル)ナプキン

ケミカルとは「科学的に合成した」という意味の英語で、その名のとおり化学繊維で出来ています。

経血を吸収するために使われている化学繊維は、水分に触れると冷えるという特性があるそうです。

 

分かりやすく言うと、熱を出したときに使う冷却ジェルシートみたいな状態ですね!

この化学反応で冷えるせいで、生理痛になると言われています。

 

また、シートの下にビニールが貼ってあるため、防水性は抜群ですがムレと臭いが発生しやすくなっています。

 

布ナプキン

その名の通り、布で出来ています。よく見かけるのはオーガニックコットン製が多いでしょうか?

布素材本来の吸収力を生かして経血を吸収してくれます。

 

ナプキン本体は布が重なって出来ていて、防水布が中に縫い込まれているので染みないようになっています。この防水布、水分は逃がさないけど、湿気は逃がしてくれる優れもの♪

 

また、布が多くなればそれだけ吸収量が増えるそうです!

 

普段何気なくナプキンを使っていましたが、こんな構造になっていたんですね!

生理痛以外にもムレがかなり気になっていたので、布ナプキンはいいかもしれませんね♪

 

さっそく試してみたいと思います!!

布ナプキンの使い方は?

多くの布ナプキンは、紙ナプキンと同じような羽つきの形をしています。

羽の部分がボタンやマジックテープになっただけなので、つけ方はそんなに難しくありませんでした!

紙ナプキンだと粘着テープなので、位置調整で貼ったり剥がしたりをすると粘着力が落ちてずれやすくなってしまいますが、布ナプキンだと微調整がしやすくてとっても便利!

付け心地は紙ナプキンのようなゴワゴワ感がなく、感触としてはほぼ下着と同じくらいでした。

 

そうそう、話は変わりますが…。

下着が食い込んだ時に服の上からピッ!と引っ張って直すこと、良くありますよね?

私がぶきっちょなのかよく分かりませんが、食い込み直しの時に紙ナプキンが一部めくれて粘着面がお肌にぺたぺたくっついてムキィー!!ってなることが多かったです(笑)

布ナプキンだとそれがない!!それだけでも高評価です!!

 

また、デスクワークで股間部分がかなりムレて不快感が強いタイプだったのですが、ムレから解放されました!!

ムレると臭いも出ますし、かぶれたりしますよね~。実は先日、ムレが原因でデリケートゾーンの毛穴に雑菌が入ってしまい、腫れ上がってしまったことがあったのですがこれなら安心ですね♪

 

交換時期も紙ナプキンとほぼ同じで、2~3時間に1回程度で大丈夫そうでした!

ただ、量が多い時は状況に合わせて変えてくださいね。

布ナプキンのお手入れ方法とは?

さて気になるのがお手入れ方法!

「洗うのってめんどくさいし、大変そう…」と思っていましたが、案外簡単でした!

 

① ぬるま湯でもみ洗い

経血が出なくなるまで押し出すように洗っていきます。ごしごし洗ってしまうと記事が痛みますので優しくやりましょう。高温のお湯だと経血が固まってしまうので注意!

 

② 洗剤を溶かした水に3時間~半日つけ置き

洗剤を入れすぎると色落ちしてしまうので、分量には気を付けましょう!大体水1.5リットルに大匙1杯くらいがちょうどいいですよ♪

 

③ すすぎ洗いして天日干し

つけ置き後はすすぎ洗いで洗剤を落とし、しっかり絞って水気を切ったら天日干ししましょう!室内干しより天日干しの方が殺菌効果もあっておすすめです♪

カビや臭い防止の為にしっかり乾燥させましょう!

 

もしつけ置き後も汚れが気になるようでしたら、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗いましょう。洗濯物と一緒でも大丈夫ですが、吸収力が落ちてしまうので柔軟剤は使わないでくださいね。

 

私の場合はお風呂のついでにもみ洗いして、そのまま一晩つけ置きしておいて翌朝に他の洗濯物と一緒に洗うやり方をしていたので、とっても楽ちんでした♪

外出先で取り換える時は?

「紙ナプキンは捨てればいいけど、布ナプキンはどうすれば…!?」って思いますよね。

私も思いましたが捨てるわけにはいかないので、もちろん持って帰るしかありません(笑)

 

普通のビニール袋とかでもいいですが、チャック付きの袋で持ち帰ったほうが臭い漏れもないので安心ですね。また、経血は一度固まると落ちにくくなりますので、乾燥させないようにするとお洗濯が楽になります。

 

先ほどお手入れの時にお伝えした同じ分量で洗剤を溶かした水を、携帯用スプレーボトルに入れて持ち歩くといいでしょう!ナプキンを交換した後、使用済みの布ナプキンに軽くスプレーして湿らせておくと汚れが落ちやすいですよ♪

結局のところ、「紙」と「布」どっちがいいの?

お試しとして約一か月使ってみましたが、生理痛の改善に関しては特に実感はありませんでした…。

 

「紙ナプキンで冷えるせいで生理痛が起きる」という噂でしたが、子宮は身体の奥にありますし、ナプキン程度で冷えてしまうということはないでしょうね。そりゃあ股に保冷材当ててれば冷えるでしょうけど…(笑)

 

他にもケミカルな物質を皮膚や膣から吸収して婦人科系疾患を起こす、などの都市伝説じみた噂があるようですが、婦人科の先生に聞いてみたところしっかりと否定されていました。

 

なので生理痛改善を目的とした場合は、布でも紙でもどっちでもいいでしょう!

生理痛の本当の原因は病気だったりしますので、気になる場合はきちんと病院に行きましょうね。

 

しかし、ムレとムレによるかぶれにお悩みの方には、布ナプキンをおすすめします!!

私はおりもの多いほうで、今回おりもの用の布ナプキンも使ってみたのですが、とっても快適に過ごせました♪おりものシートは毎日使いますし出費もバカにならないのですが、布ナプキンだったら何回でも洗って使えるので経済的です!

まとめ

  1. 洗って何度も使えて経済的!
  2. ムレが気にならない!
  3. 突然の生理でも買い忘れなどの心配もなし!!

生理は長~い期間のお付き合いをしていくもの。

何十年もの紙ナプキン購入代を考えると、とってもお財布に優しいですね♪

しかし紙ナプキンのお手軽さも捨てがたいので、私は外出先では紙ナプキン・自宅では布ナプキンと2種類を使い分けていこうと思います!

皆さんの生活スタイルに合ったナプキンを選んで、快適に過ごしていきましょうね♪

 - 健康 ,