子育て中の夫婦喧嘩を減らすには?知って得する夫の心理ベスト3

      2018/06/10

子供が生まれて夫婦喧嘩が増えた。
夫が休みの日に限って喧嘩してしまう。
2人でいた頃は喧嘩なんてなかったのに、なんでろうって・・・

「ほんとはもっと仲良くしたいのに」と思っているママいませんか?

我が家も3年前まではそうでした。
夫の休みに限って喧嘩の日々です。
私のちょっとした一言から大喧嘩に発展!!
そして、夫が最後にとる方法は私を無視するのです。

喧嘩した時に奥さんを無視する夫も多いのです。
我が家も例外ではありませんでした。

こんな事が毎週の様にあるのは嫌ですよね?
夫婦喧嘩は子供にとって虐待と変わらない、
とまで言っている専門家もいるほどです。

でも夫婦喧嘩は子供にも良くない事は、みんな分かっています。
私も分かっていました。

分かっているけど喧嘩してしまう・・・・。悪循環でした。

でも今は、そんな日々からすっかり解放されたました。
それは夫側の心理を知る事から始まったんです。

夫の心理を知ることで喧嘩が減り、
たとえ喧嘩したとしても、元に戻るのが早くなりました。

夫の心理を知って、夫を手の平で転がしてみませんか?
きっとママが楽になるはずです。

男はプライドが高い

夫がたまに家事や育児に参加すると、
思わず口を出してしまってはいませんか?

「洗濯の干し方が違う、畳み方が違う」
「オムツの替え方が違う」
などなど細かく注意をしていませんか?
私もつい、口を出してまっていました。

 

ある日、夫が料理をしてくれた事があったんですね。
その時、食器の片付けまではしてくれる事はなく、
キッチンは散らかりっぱなし!

私はそれを見て
「どうせするなら片付けまでしてよ」
と言ってしまったのです。

夫からすると、
せっかく私が大変そうだからと作ってあげたのに、
何で文句を言われないといけないのかと。

そんな事言われるならもうしないと逆ギレです。
そして、また何もしない夫に怒る私!
もう悪循環ですね。

 

実は男の人は、
細かく口を出される事をとても嫌います。

でも、私たち妻もそうではありませんか?
小姑のように細々言われると嫌になりますよね?
夫だって同じです。

ただ嫌になるだけならいいのですが、
男心はもっと厄介なのです。

家の中では妻には敵うわけがない夫は、
プライドを傷付けられたと思ってしまうのです。


プライドを傷つけられた夫は、
何もしなくなってしまいます。
なぜならまた傷つきたくないからです。
男って面倒ですよね?

 

そこで私は、細かく口を出すことをやめました。
夫が家事や育児に参加した時は、
色々求めない事にしたのです。

料理をしてくれた時は洗い物まで求めない。
子供のお世話をしてくれている時は基本見守る。
すると、少しづつ変化が・・・。

率先して家事をしてくれる様になったのです。
今では、休みの日のお昼ご飯は夫が作ってくれます。
もちろん後片付けは私ですけどね。

 

細かい事は言わない、見守る。
これが大事です。

家事をしてくれた時は、
半分出来たら合格にしてあげて下さいね。

自分の事も見て欲しい

子供が生まれてからは、
夫の事は全て後回しになっていませんか?

私も、
「子供が生まれたんだから当然の事じゃん」
って思っていましたが、
どうやら夫はそうではないようですよ。

夫ももちろん、
子供が一番って言うことは分かってはいます。
でも、妻から全ての事を後回しにされる事を、夫は嫌がるのです。

仕事から帰って来た夫に休ませる間もなく、
「あれして、これして」
と要求ばかりして夫の事は何もしない。
私も子供が小さい時はまさにこの状態でした。

 

当時の私は、大変なのは自分だけ、くらい思っていたのです。
育児を率先してしない夫を見てイラついていたのです。

 

ある時「夫が何もしない」という愚痴を母に話した時の事です。
私は夫の愚痴をぶちまけました。

すると母から、
「育児は大変だけど何か勘違いしてない?
大変なのはあなただけなの?
夫くんだって仕事で大変なんだよ」と。

「文句ばっかり言ってると、
育児どころか家に帰ってこなくなるよ」と・・・。
母に言われてちょっとビックリです。

確かにそうなのです。
夫は家族の為に外で働いてくれているのです。

そう、この「家族の為」
ここが大事なんですね。
この夫の思いを私は忘れていたんです。

でも、
「帰って来なくなるって・・・」
大げさな、って思いましたが。
このままじゃいけないのかなと思い、
少しだけ意識して優しくしてみる事にしました。

① 言葉に気を付ける。

仕事後、何かお願いしたい時は
「疲れている所悪いんだけど○○お願いしてもいい?」
みたいな言い方を心がけるようにしました。

② 休日寝たいだけ寝させてあげる。

ただこれ、慣れるまでは意外とイライラします(笑)

 

簡単な事ですがこれが伝わるんです。
言葉ひとつ気を付けるだけで、
快く動いてくれます。

休みの日も、子供と遊んでくれる事が増えました。
私は母の言葉で気付きましたが、
夫の思いを知らず自分ばかり要求していると
「妻は自分の事はどうでも良い存在なんだ」
と勘違いしてしまう夫もいるようです。

こんな勘違いから、優しさを外に求めてしまうケースもあります。
そうなってしまっては大変ですよね?

そんなことになってしまう前に、
少しだけ夫の方を向いてあげてください。

 

仕事から帰ったばかりの夫を、
少し休ませてあげる。

そして、
「お疲れ様」
と労いの言葉を忘れずに言ってあげてください。

そして10分でも15分でもいいので、
余裕のある時は2人の時間を作って下さい。

あなたが優しくなれば、
夫もあなたに優しくなってくれますよ。

頼ってほしい

子供の習い事や教育方針を決める時に、
祖父母や先生への相談が先になっていませんか?

「どうせ夫に聞いても分からないから」
と相談せずに決めてしまうと、
夫は疎外感を感じてしまうようになります。
私の夫もそうだったようです。

私も、子供の教育方針の事で夫と意見が合わない事が多々ありました。
ある時子供の事で喧嘩になった時、夫に言われたんです。

「どうせ俺の意見なんかいらんのやろ?1人で子育てすれば?」と。

私は、
「なんでそんな事言うの?」
って悲しくなってしまったんです。
でもそれには、私に原因があったんです。

どうせ聞いても分からないだろうと、
夫を無視して決めていた事が何度かありました。
その事に夫は悲しく思い、腹を立て、疎外感を感じていたのです。

まさか、
「1人で育てたら?」
なんて言わせるほど追い詰めていたとは、思ってもみませんでした。

このままではヤバイと思い、
私は些細な事も夫に相談するようにしたんです。
学校の事、塾の事など。
何か決める事がある時は、必ず相談する様にしました。
私が勝手に決める事をなくしたのです。

すると、夫も今まで以上に育児に協力的になり、
自分の意見もきちんと伝えてくれるようになりました。
男性はやはり頼られると嬉しいようですよ。


たとえ意見が分かれたとしても、
話し合いをすることが大事。
子供の為にも夫婦のコミュニケーションが大切だと思いました。

 

このように見てみると、
男性は基本寂しがりやと言うことが分かりませんか?
口では強い事を言っていても、
本当は相手をして欲しくて、頼って欲しいのです。

まとめ

  • 細々注意をしない
  • 夫婦での時間を大切にする。
  • 大切な事を決める時は相談する。

あなたが少し大人になると、
きっと夫の方から歩み寄ってきてくれますよ。
お互いのためにも、夫の心理を理解して、
もっともっと素敵な夫婦になっていきたいですね。

 - 人間関係, 子育て・育児 , ,