ダイエットは食事制限だけじゃない!ボリュームたっぷりでも楽々痩せる!?

      2018/06/10

ダイエットというとどうしても「=食べない」というイメージがありますよね。

 

痩せるためには、やはりカロリーを減らすことは重要ですし、

それには食べる量を減らすのが手っ取り早いからです。

 

必要以上に「食べちゃいけない!」と無理するのは、ものすごいストレスですよね。

 

私もすごく我慢しまくった後は、余計に食べ過ぎてしまうので

かえってダイエットなんかしなかった方が良かったかも、ということを何度も経験しました・・・

 

あまりに我慢するのは続かない上にその後の反動が大きくて、体にも心にも悪影響。

 

やっぱりダイエットは続けてこそ!

目指すのは、一時的に痩せるのではなくて、だんだんちょうど良い体重に近づいていき、

太りづらい生活習慣を手に入れることです。

 

量を減らすのではなく、バランスを変える

お腹いっぱい食べるのはやめたくない場合、ご飯の量はお茶碗に軽めに1杯にして

その足りない分は野菜中心のおかずを多めに取ると、体つきが徐々に変わってきますよ~。

お腹が引っ込んできます!

 

また、たんぱく質をしっかり摂ることもすごく大切。

脂肪の燃焼を助けてくれる上に、筋肉が落ちてしまうのを防ぐのがたんぱく質の役割です。

このことを手軽にかなえるメニューとして、私が一時期よく食べていたのが鍋料理。

 

やっぱり「食生活を改善するぞ!」と意気込んでも、料理するのが面倒な日ってあるじゃないですか。

かといって、なんかこう良い感じのメニューも思いつかない・・・

ツラい・・・、もうダイエットやめちゃおうかな・・・・・・

 

こうしてストレスから、なし崩しに元の食生活に戻ってしまうのがいつものパターンでした。

 

手軽で美味しくてバランスも良くて、と欲張りなことを考えてふと思いついたのが鍋料理でした!

以前に女友達と食べに行った薬膳鍋を思い出したんです。

 

すごくたくさんの野菜を食べれたし、なにより美味しくて栄養バランスも良くて、

たくさん食べたけど全然罪悪感がありませんでした。

次の日なんかも体調が良くて、肌まで綺麗になった気がしました(笑)

 

本格的な薬膳鍋には材料が不足しても、普通に鍋ものなら簡単に家庭で作れますね。

野菜もたんぱく質も一つの鍋で全部まかなえる上に、材料を切って火にかけるだけですから、楽ちん楽ちん!

味付けもいろんなバリエーションが楽しめるんですから、夢のようです(笑)

 

料理を考えるのが面倒な日、疲れてて手間のかかるものを作る気がしないとき、

あとちょっとずつ野菜が残ったような時に冷蔵庫を整理する手段として、

鍋料理って本当に助かりますよ~。

 

鍋物を多めの食生活を積極的に食べるようになって、2ヶ月位経った頃だったでしょうか?

職場の人に「なんか最近細くなったね」と言われたことがあります!!

思い返してニヤニヤしちゃうくらい嬉しかったですよ。

 

キムチ味の鍋や、薬味に生姜をたくさん使うなど、燃焼系のサポートをするための

ヒントもたくさん詰まっているので本当におすすめします。

盛り付けにも工夫してみる

食器を小さめにしてみるのも、一つの手です。

 

ご飯茶碗や取り皿を今使っているものより小ぶりにすると、

普段より盛り付けられる量が少なくなります。

 

大きいお皿に少ししか乗ってない料理と、小さいお皿に山盛り乗せられた料理・・・

 

ほんの些細なことですが、見た目でたくさん入って見える方が満足感があるらしいです。

 

あと、おしゃれなカフェご飯の感じで、一つのプレートにご飯・おかず・サラダを盛り付けると、

見た目のバランスの良さとおしゃれ感のダブルの満足感で物足りなさを感じづらいのだとか。

ごほうびの日でストレス発散

週に一日は我慢せず好きなものを食べよう、と決めるのも

ダイエットを長く続けていくひとつのコツです。

 

「5キロ痩せるまで・・・」、「10キロ痩せるまで・・・」、といつのことか分からない目標を立てるより、

「今度のごほうびの日までちょっとの我慢!」と目標が近くて具体的な方が、現実味がある上、

感じるストレスが低くて済むことでしょう。

 

我慢に我慢を重ねた結果、魔のリバウンドを招く原因となるのが”どか食い”ですから、

こまめにごほうびを入れて発散することで、それも防ぐことができそうですよね。

 

好きなものをお腹いっぱい食べて心が満足すれば、その前後の日は

「今日はちょっと食事の量をセーブしようかな?」なんて、日々の食事のボリュームを自然にコントロールできるようになればしめたもの。

 

痩せの習慣がもう身についてきた証拠です!

まとめ

  • 主食を減らして、おかずをたくさん食べよう
  • 視覚的にも満足するよう、盛り付けにも工夫して
  • 週に一度は好きなものを食べてこまめにストレス発散
  • ダイエットは細く長く続けて、太らない習慣を手に入れたい
 綺麗なスタイルを手に入れ保つためには、ある程度の努力は必要だとは思うんです。
でも、それが辛いこと、苦しいことと感じるのはとても残念なこと。
苦しくならない、自分に合った努力のスタイルを見つけたいですね!

 - 健康 , ,