専業主婦特有の劣等感。でも!あなただからこそできる3つのこと

      2018/06/10

「ああ独身の友達のSNSが眩しい、、」
なんて思ったことありません?

自分で稼いだお金で、ネイルにまつエク、海外旅行。
それに比べてわたしは毎日家で家事育児してるだけ。
お金なんて一銭も稼いでないし、、
あれ、わたしの存在価値って一体…。

私も専業主婦になって2年ですが、全部辞めてやりました。SNS。
眩しすぎて(笑)

いやーたまに押し寄せてくる劣等感、本当にきついですよね。
今すぐ働きにでたい!と思って求人なんかみちゃったり。

でも待って!専業主婦のあなたにしかできない仕事もあるんです!

家族に癒しと安心を提供できる

「お風呂にする?ごはんにする?それとも…♡?」
なんてのはよく言ったもので、

仕事でお疲れの旦那さんにできたての温かいご飯を用意して、
お風呂も用意しておける。

これは専業主婦だからこそできることですよね。
逆の立場になって考えてみると、
毎日玄関のドアを開けたらご飯のいいにお~い。
その上お風呂も用意されてる、
なんてすっごく嬉しくないですか!?

クタクタになって帰ってきた旦那がご飯を食べてお風呂に入り、
「ああ、嫁がいるって素晴らしい、、」
と呟いてソファで寝落ちした姿を見たときは、本当にうれしかったです。

毎日家を綺麗に保ってくれて、
ご飯を作ってくれる人がいるからこそ、
旦那さんも安心してお仕事を頑張れるのです。

子供の成長を見逃さない

生まれてからの子供の成長って本当に目まぐるしいですよね。
昨日できなかったことが今日できるようになってる!
なんて日常茶飯事です。

初めて立った、歩いた、喋った…など、
初めてを全部見ておけるのも専業主婦だからこそ。

毎日24時間一緒だと、息が詰まることももちろんあると思います。
が、24時間一緒だからこそ、わが子の成長を見逃さないのです。

抱っこをせがんでくるのも一緒に遊んでとごねるのもほんの数年。
今のうちにいーっぱい堪能しときましょう。

「おかえり」をいえる存在

「ただいま」と言ったら「おかえり」って返ってくる。
これって、些細なことですが、超幸せじゃないですか!?

私は独り暮らしをしてから気づきましたが、
家に帰ったら温かく迎えてくれる人がいる。

もういてくれるだけでいいんですよ。
それだけで家族は幸せなんです。

まとめ

お金なんか稼がなくたって、
あなたが家族に日々提供しているものは、
お金では絶対に買えないもの。

あなたが家を守っているから家族は安心して仕事や学校にいけるんです。

劣等感を感じるときには、
家族の存在を思い出し、
今目の前にある幸せを噛みしめてみては?

 - 生活 , ,